武村研究室


Topics

論文受理
高校生物で使える簡易電気泳動装置に関する倉林教諭(武村研OB)の論文が、『生物教育』に受理されました。倉林正, 武村政春. 簡単で安価な電気泳動装置の開発による実践的な電気泳動実験, 生物教育, in press.  (2017年06月19日)
院生が学会賞を受賞
M2の倉林さん(群馬県立沼田女子高等学校教諭)が、日本生物教育学会学会賞奨励賞を受賞しました。(2017年01月11日)
日本生物教育学会に参加・発表
東京学芸大学(東京都小金井市)で開催された日本生物教育学会第101回全国大会に武村・内山・倉林・寺内・深谷・三上・室野・佐藤が参加し、口頭発表ならびにポスター発表を行いました。(2017年01月10日)
講演
横須賀市文化会館で開かれた日本微生物生態学会第31回大会シンポジウムで、武村が「アメーバに感染する巨大ウイルスから生命進化を読み解く」と題して講演しました。  (2016年10月27日)
論文受理
日本で初めて分離したミミウイルスのゲノム配列に関する論文が、Genome Announcements誌に受理されました。Takemura M, Mikami T, Murono S. Nearly complete genome sequences of two Mimivirus strains isolated from Japanese fresh water pond and river mouth. Genome Announc., in press.(2016年10月19日)
論文受理
Tokyovirusの形態ならびにゲノムに関する武村の論文が、Microbes and Environments誌に受理されました。Takemura M. Morphological and taxonomic properties of Tokyovirus, the first Marseilleviridae member isolated from Japan. Microbes and Environments, in press.  (2016年09月21日)
講演
東京工業大学・地球生命研究所で開かれたELSI Virus Workshop: Spotlighting viruses in evolution: 4 billion years of coevolution with cellsで、武村が「Giant viruses inhabiting aquatic environments: how did they emerge and come?」と題して講演しました。(2016年09月12日)
東アジア科学教育学会に参加・発表
東京理科大学神楽坂キャンパスで開催された東アジア科学教育学会(EASE 2016)に武村・内山・加藤・和泉・倉林・寺内・深谷が参加し、ポスター発表、口頭発表、デモンストレーション発表を行いました。(2016年08月27日)
講演
岡崎統合バイオサイエンスセンターで開かれたサマースクール2016で、武村が「Are giant viruses alive or not? 」と題して講演しました。(2016年08月20日)
論文受理
Tokyovirusのドラフトゲノム配列決定に関する武村の論文が、Genome Announcements誌に受理されました。Takemura M. Draft genome sequence of Tokyovirus, a member of the Marseilleviridae isolated from the Arakawa River of Tokyo, Japan. Genome Announcements, in press.(2016年04月20日)
日本農芸化学会全国大会に参加・発表
札幌コンベンションセンターで開催された日本農芸化学会全国大会に武村・倉林・室野が参加し、ポスター発表を行いました。(2016年04月01日)
論文掲載
DNA抽出実験の生徒実験化に関する修了生木下君の論文が、American Biology Teacher誌に掲載されました。Kinoshita Y, Yamanoi T, Takemura M. Extracting DNA to visualize the unity and diversity of life. Am. Biol. Teacher 78, 118-126, 2016.(2016年02月05日)
日本生物教育学会全国大会を主催・発表
日本生物教育学会第100回全国大会を東京理科大学神楽坂キャンパスにて開催し、武村が実行委員長を務めました。また武村研からは9件の発表を行いました。(2016年02月04日)
日本分子生物学会に参加・発表
神戸ポートアイランドで開催された第38回日本分子生物学会年会(生化学会との合同大会)に武村が参加し、ポスター発表を行いました。また同日、朝日新聞大阪版に、発表内容の記事が掲載されました。(2015年12月04日)
ページ更新
「大学院生募集」のページを更新しました。(2015年08月25日)
論文受理
巨大ウイルスと真核生物のDNAポリメラーゼの分子進化に関する武村の論文が、Journal of Molecular Evolution誌に受理されました。Takemura M, Yokobori S, Ogata H. Evolution of eukaryotic DNA polymerases via interaction between cells and large DNA viruses. J. Mol. Evol. (in press)(2015年07月08日)
卒業式・謝恩会
東京理科大学卒業式が行われ、武村研からは4名の修士課程大学院生が修了しました。その後、ホテルメトロポリタンエドモント飯田橋にて、謝恩会が開催されました。(2015年03月20日)
著書刊行
武村の著書『巨大ウイルスと第4のドメイン』(講談社ブルーバックス)が刊行されました。(2015年03月18日)
日本生物教育学会に参加・発表
愛媛大学で開かれた日本生物教育学会第98回全国大会に武村研全員が参加し、8名が発表しました。(2015年01月15日)
忘年会を開催
2014年の武村研忘年会を飯田橋「魚卵」にて開催しました。(2014年12月18日)
日本分子生物学会に参加・発表
武村とM2江幡君が、第37回日本分子生物学会年会(パシフィコ横浜)でポスター発表しました。また武村がオーガナイザー&座長を務めたワークショップ「細胞内共生した生物や環境ウイルスのゲノム進化」が開催されました。(2014年12月02日)
新聞記事
10月15日の朝日新聞朝刊「耕論」で、武村のウイルスに関する論説が掲載されました。(2014年10月31日)
理大祭に出展
2013年度の理大祭に、武村研として「大DNA展」を出展しました。2日間で200人以上の方にご来場いただきました。(2013年11月25日)