武村研究室


生物教育教材

 

本ページから、武村の講義におけるダウンロード資料、これまでに武村研究室において開発した生物教育教材用型紙、生徒実験用実験書等をダウンロードすることができます。
ぜひ皆様の生物教育にお役立てください。

●武村の講義におけるダウンロード資料

平成29年度「生物学1」第2回到達度試験正解一覧表

なお、「生物学1」の解答用紙を返却してもらいたい人は、8月24日以降に武村研究室まで取りに来てください。「生物学2」を履修する予定の人は、最初のガイダンス時に返却することもできます。

●進化と系統の結び付けに関するワークシート型アンケート

ワークシート型アンケート(Web アンケート)

進化と系統の結び付けに関する、ワークシート型のWebアンケートです。
パソコンなどから簡単に解答できますので、宜しければご協力お願いします。
回答内容および利用情報は研究に利用させていただきます。

簡易ワークシート作成システム(編集)

簡易ワークシート作成システム(確認)

こちらのアンケートは、簡易的に開発したワークシートシステムで作られております。
上記のアドレスから、サンプルのワークシートの編集・確認ができます。

●生徒の操作性と、相補性に着目したDNA・RNA教材

「実験書ダウンロード(PDFファイル)」

「DNAペーパークラフトダウンロード(PDFファイル)」

「RNAペーパークラフトダウンロード(PDFファイル)」

高等学校「生物基礎」および「生物」での活用を目的として開発した4種類のDNA模型の紹介と、活用例・活用効果の報告です。
DNAとRNAのペーパークラフトは、ダウンロード後コピー用紙に印刷して制作することが可能です。
<作り方>
1)外枠の実線をカットする。
2)中央の一点鎖線で山折りし、糊で貼り合わせる。
3)2)と垂直に交わる一点鎖線を山折りにする。
4)シトシン(C),チミン(T),ウラシル(U)の水素結合部分にある実線に切れ込みを入れる。
5)リン酸(PO4ー)の上と糖(DRまたはR)の下にある実線に切れ込みを入れる。

●DNA複製を可視化する生徒実験

「実験書ダウンロード(PDFファイル)」

この実験書は、髙野雅子ほか「DNAファイバー法を用いたDNA複製を目で見て学ぶ生徒実験の開発~SPPを利用した実践から見えてきた課題~」(生物教育 51, 12-24, 2011.)で紹介した「資料1」を補完した完成版です。

●Origami birdを用いた生徒実験

「実験書ダウンロード(PDFファイル)」

「突然変異表ダウンロード(PDFファイル)」

「結果シートダウンロード(PDFファイル)」

「配偶子突然変異BOX作成用台紙ダウンロード(PDFファイル)」

この各種資料は、Yamanoi T et al. Improved “origami bird” protocol enhances Japanese students’ understanding of evolution by natural selection: a novel approach linking DNA alteration to phenotype change. Evolution: Education and Outreach, 2012.で紹介したOrigami bird実験を行うために必要な資料です。

●分子系統樹を描く生徒実験「哺乳類編」

「実験書ダウンロード(PDFファイル)」

「分類シート(教師用)ダウンロード(PDFファイル)」

「分類シート(生徒用)ダウンロード(PDFファイル)」

この各種資料は、Yamanoi T et al. Development and evaluation of an activity to teach molecular phylogeny, deep time and classification systems for Japanese high school students. Asian Journal of Biology Education, 2012.で紹介した分子系統樹作成実験を行うために必要な資料です。

●分子系統樹を描く生徒実験「野菜編」

「実習書タウンロード」(しばらくお待ちください)

「分類シート(教師用)ダウンロード」(しばらくお待ちください)

「分類シート(生徒用)ダウンロード」(しばらくお待ちください)

この各種資料は、風間智子ら「身近な野菜を用いた分子系統樹を描く生徒実習教材の開発」理科教育学研究, 2014.で紹介した分子系統樹作成実験を行うために必要な資料です。(ダウンロードの用意ができ次第ご連絡しますので、希望者はtakemura(アットマーク)rs.kagu.tus.ac.jp までメールをいただければ幸いです。)

 

▲ 画面上へ